MENU
カテゴリー

【おうちモンテ】無印良品でつくる、子どものお絵描き&工作グッズの収納

URLをコピーする
URLをコピーしました!

4歳長男が絶賛ものづくりブームを迎えた我が家。

折り紙、切り紙、シール等気が付くと新しい作品が出来上がっています。

子どもの創作意欲は応援してあげたい親心。
できれば自力で準備して片付けしてほしい!ということで工作グッズの収納を見直しました。

目次

工作グッズは持ち運びしやすく、ひとまとめに。

我が家の工作環境は基本、子どもの部屋に置いたローテーブルでしてもらうスタイル。

とはいえ、0歳の次男が容赦なく襲ってくるので、集中してつくりたいものがある時はダイニングや、押し入れの秘密基地にこもってやっていることが多いです。

  • 持ち運びしやすく
  • ばらばらになりにくい
  • ワークやドリルも手を伸ばしやすい

を意識して子供の工作グッズの収納をみなおしました。

「キャリーボックス」で持ち運びできる工作収納

はさみや鉛筆、鉛筆削り等の道具は無印のキャリーボックスに入れて。

そのまま入れるとばらつくのと、本体の汚れ防止にコップにこまごまとしたものを入れています。

ダイソーのひらがなカードがピッタリ

絶賛文字ブームの長男の為に、ひらがなカードもここに。
書きたい文字をさがしながら練習をしています。

こまごましたものは100均グッズを活用

増えがちな折り紙やシールはひとまとめにしておくと散らかりにくくていい感じ。
セリアの写真用フォルダーと、折り紙ケースを使っています。

セリアの折り紙ケースに収納

折り紙は折り方ブックも一緒に収納。
ケースごと持って行ってダイニングで作品を作る事が多いです。

ダイソーで売っている「5回でおれるおりがみ」4歳児にちょうどいい難易度です!
なんかいか一緒におれば、一人で折れるようなものがちらほら。

シールはセリアの写真用ファイルに

シール台紙とシールはフォトアルバムに入れて収納。

シールの種類別に分けておくと探しやすいし、お出かけの時の持ち歩きにも便利です。
「ママあれどこー?」って呼ばれるストレスが半減したのがうれしい。

ワークやドリルも目立つところに!

めいろにはまり中

積極的にやってほしいドリルやワークは、遊びの延長で手に取れたらいいなと。

お絵描き帳や色画用紙に混ぜてしれーっと置いてあります。
手に取る頻度が高くてほぼ毎日やってる!

作品収納は「てばなす」練習に。

毎日すごい量の作品を作り上げる長男。

出来上がった作品は、量をきめ定期的に手放すようにしています。

約2週間分の作品

ここがいっぱいになったら、捨てる作品と残す作品を決める。
「いっぱい作るから全部捨てるー!」というときもあれば、「あんまり捨てたくない」というときも。

長男の気持ちを尊重して決めさています。
とりあえずあふれなければなんでもOK。

普段は作品を次男に破壊されないように高い場所に。

子どもの物は「使いやすく、戻しやすい」が大事

子どもの物って、成長やブームに合わせて、増えたり減ったり変動が激しいもの。
細かい物や見た目がちょっと派手なものも多いですよね。

たけちん

親としてはボックスに投げ込んだり
棚にしまってすっきりさせたい気持ち…

でも、実際使うのは子どもなわけで。
使いやすくなければ、次第にやらなくなってしまうのも現実。

我が家では子供のものは目につく場所に、「使いやすく、戻しやすい」を収納のモットーにしています

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる