MENU
カテゴリー

天窓付きのめちゃかわテント、ポーラーのワンマンテントを徹底レビュー!

ポートランド発のアウトドアブランド、POLeRから天窓付きの個性的なテントが発売され話題に!

他の人と被りたくない人は注目している人も多いのではないでしょうか?

たけちん

私も個性的な見た目に引かれて買っちゃったよー!

今回はポーラーのワンマンテントを実際に使ってみたレビューを写真たっぷりでお届けします。

メリット
デメリット
  • 見た目がかわいい
  • 天窓から景色が見える
  • 自立式で設営が簡単
  • 冬は少し寒い
  • テント内が覗けてしまう
  • 収納がしずらい
タップできるもくじ

ポーラーワンマンテントのスペック

ポーラーはポーランドから上陸してきたブランド。

  • 個性的な見た目
  • 天窓付きで景色が見える
  • 2本の屋根ポールで室内は広々

実用的でありながらとても個性的な見た目が特徴のテントです。

商品名POLeR(ポーラー)ワンマンテント
就寝スペース幅210㎝×奥行き77㎝
高さ(最後部)高さ81cm
テントサイズ幅216cm×奥行き102cm
収納サイズ幅48㎝×直径16㎝
重さ約2.2㎏
素材フライ素材:30D ポリリップストップ
本体素材:20D メッシュ 高通気性
底面素材:210T ポリリップストップ PU コーティング
ペグ、ポール:軽量アルミ
耐水圧フライ:2000mm
底面:3000mm
サイズは筆者採寸の為多少のずれがあるかもしれません

\ ポーラーワンマンテントのセット内容 /

  • フライシート
  • インナーテント
  • ポール
  • ペグ(23㎝×16本)
  • ガイロープ6本
  • 収納袋

付属ペグはこのサイズのテントとしては、珍しく23㎝と長めのペグが付属しています。

たけちん

ペグやテントの収納袋もテントと同じ柄なのが嬉しいポイントですね!

グランドシートは付属しない ので、別売りの物を買う必要があります。

外観・ディテール

外観と細かいディテールを見ていきましょう。

正面右側にはこのテントの特徴でもある、目の形の天窓がついています。

両サイドには大きくロゴが入っています。

たけちん

ポーラーのロゴ、かわいいですよね♩

ワンマンテントは背部に小さなベンチレーションが一つ。

インナー全体がメッシュなので、このベンチレーションを開けるとかなり通気性がよくなります。

フライシートの扉は前面2か所を開けれます。
扉が四角形なので広々とした出入り口で快適に出入りできます。

さらにサイドも巻き上げて開ける事も。

たけちん

この状態のテントの見た目がかなりかわいくて気に入っています。

インナーテント内は底面近くに1か所のポケットがあり、ケータイや財布などを入れておくことができます。

天井部には2か所のフックがついています。

ランタンをかける事が出来てとても便利ですね。

サイズ感

ワンマンテントの収容可能人数は1人。ソロ用のテントになります。

最高部の高さは81㎝ですが、屋根部に横に2本の骨組みが入っているため 表記サイズよりかなり広々とした印象 を受けます。

横幅は216㎝で身長165㎝の筆者が寝てもかなり余裕。

たけちん

インナーはフルメッシュだからソロテントなのに圧迫感がないのがいい!

内部に広がりがあるので、足元にリュックをおくくらいな余裕のスペースがあります。

【レビュー】ポーラーワンマンテントを実際に使ってみた感想

ポーラーのワンマンテントを実際に使ってみて感じた特徴をまとめてみました。

他人と被らない個性的な見た目

ポーラーのテントの魅力は何といっても、個性的な見た目です。

たけちん

個性的な柄だけじゃなくてシンプルなブラックテントもあるよ!

私はORCHID FLORAL BLACKを選びました

ナチュラルカラーのテントが流行している中、ポーラーのテントは魅力的な柄物で キャンプサイトでも一目でみつける事ができます

天窓付きで景色が楽しめる

ポーラーのワンマンテントのもう一つの特徴は天窓がついていること。

たけちん

星がキレイなキャンプ場なら、寝転がって星を眺めるのも素敵!

天窓で切り取られた景色って、今までにない視点でなんだかわくわくするよね!

自立式で設営が簡単

ポーラーのテントは自立式で設営がとても簡単。

たけちん

インナーテントだけでも自立するから、シェルターのインナー代わりに使ってもいいよね。

天井はもフライシートと同じ柄で、とてもかわいいです!

冬は少し寒いかも

ポーラーのテントはスカートが短いので、冷気が入りやすいです。

たけちん

スカートが短いからこそのスタイリッシュな見た目だから、スカートが長くなってほしいとは思わないけど。

インナーもフルメッシュなので、真冬だと寒く感じるかもしれません。

冬以外の3シーズン用と割り切るか、しっかり防寒して使うことをお勧めします。

覗き込むと中が見えてしまう

ポーラーの天窓は窓を隠す機能がありません。

常に開いた状態なので、覗こうと思えば中が見えてしまいます。

たけちん

覗き込む人なんてそうそういないけど、ちょっと不安

たけパパ

目立つテントだから、ただでさえ注目されるしね。

フライシートとインナーの間に タオルなどを挟むと目隠しする事 ができるので、寝るときや着替えの時はタオルを挟むようにしています。

やや収納しずらい

もう一つ気になるのは、収納のしにくさです。

袋が結構きつめかつ巾着型なので、かなり丁寧に畳まないと収納袋にいれる事ができません

たけちん

いろんなテント持ってるけど収納はかなりやりにくい部類だと思います!

設営方法

設営方法とたたみ方もとても簡単です!一度覚えてしまえば5分もかからず設営ができますよ!

STEP
グランドシートとインナーテントを広げる

まずはグランドシートとインナーテントを広げます。

STEP
ポールを組み立てる

メインポールを組み立てます。横二本のポールもくっついているのでつなげます。

STEP
インナーとフライシートを合体させる

インナーテントの四隅にポールを固定します。
かなりしなりますが、これで大丈夫です。

フライシート上部にもハトメがあるのでこちらもとめていきましょう。

残りのフックもとめていったらインナーテントは完成です。

STEP
フライシートをかけていく

インナーが完成したらフライシートをかけていきます。

フライシート上部に4つのハトメがあるので、まずはこちらで固定します。

側面にもマジックテープがあるので、こちらも固定します。

STEP
ペグを打っていく

最後に風で飛ばないようにペグを打って完成。ペグは前後4か所の計8か所あります

ワンマンテントのレビュー、まとめ

以上、ポーラーのソロ用テント「ワンマンテント」のレビューでした。

たけちん

とにかく見た目がかっこよくて、最高のテントだよ!

見た目の可愛さだけじゃなく、性能もちゃんとしたテントなので本当に買ってよかったなと感じています♪

メリット
デメリット
  • 見た目がかわいい
  • 天窓から景色が見える
  • 自立式で設営が簡単
  • 冬は少し寒い
  • テント内が覗けてしまう
  • 収納がしずらい
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできるもくじ