MENU
カテゴリー

【抱っこ紐】モンベルのポケッタブルベビーはいつから使える?デメリット・口コミも調査

モンベルの抱っこ紐ポケッタブルベビーキャリアで1歳児を抱っこする
URLをコピーする
URLをコピーしました!

超コンパクトな抱っこ紐として人気のモンベルの「ポケッタブルベビーキャリア

その人気ぶりは品薄で入手困難になるほど!

今回は モンベルの抱っこ紐を入手して半年が経過したので、レビューをお届け します♩
以前エルゴを使っていたので、エルゴと比べた率直な反応が気になる方は是非最後まで見ていってください。

筆者のプロフィール
  • 0/2/4歳の三兄弟母
  • 月1でファミリーキャンプに出掛けるアウトドア好き
  • 時短ワーママとして奮闘中!
エルゴオリジナルも使ってます
目次

モンベルの抱っこ紐|ポケッタブルベビーキャリアの概要

モンベルの抱っこ紐ポケッタブルベビーキャリアで1歳児を抱っこする
写真は旧モデルブラック
対応ウエストサイズ59~107cm
素材裏面:ポリエステル・メッシュ
表面:210デニール・ナイロン・リップストップ[ウレタン・コーティング]
重さ372g
収納サイズ高さ15×幅22×奥行き7cm
カラーブラック・ネイビー・タン(ベージュ)

モンベルのポケッタブルベビーキャリアは、軽量・コンパクトに収納ができ、持ち運びに便利な抱っこ紐です。

「抱っこ」「おんぶ」の2通りの使い方ができ、腰・肩の3点で支えるので疲れにくい構造になっています。

旧モデルにはモンベルのロゴが大きくついていますが、新モデルはロゴマークが控えめになり、より街使いしやすいデザインに変更されています。

モンベルポケッタブルベビーキャリア新モデルタン ロゴが控えめになっている
新モデルは正面ロゴがない(写真は新モデルタン)

いつから使える?対象月齢&体重

モンベルポケッタブルベビーキャリアで1歳児をおんぶする
1歳児をおんぶした様子

モンベルの抱っこ紐の対象月齢は、

対面抱っこ
腰すわり(生後6か月ごろ)~13kg(2歳ごろ)まで
おんぶ:
腰すわり(生後6か月ごろ)~15kg(3歳ごろ)まで

たけちん

新生児から使いたい!という方には向いていませんね。

ただ、子どもの腰が据わっている・メインの抱っこ紐をすでに持っている場合はかなり優秀な抱っこ紐ですよ!

セカンド抱っこ紐にモンベルをおすすめしたい理由

モンベルの抱っこ紐『ポケッタブルベビーキャリア』を半年使ってみて、人気の理由が見えてきました。

軽い!そしてコンパクト

モンベルの抱っこ紐の注目ポイントは 何と言っても軽く、コンパクトに収納できるという事 です。

モンベルの抱っこ紐ポケッタブルベビーキャリアはペットボトル2本分の大きさになる

収納時のサイズは15×22cm。
500mlペットボトルを2本並べたくらいのサイズ感。

このコンパクトさはさすがアウトドアブランド!という印象

モンベルの抱っこ紐の重さは370g

重さは370gという驚異の軽さ!缶ビールよりすこし重たい です。

鞄に入れておいても負担のないサイズまでコンパクトになるので、「今日抱っこ紐いるかなー…」というときに迷いなく鞄に入れるができます。

モンベルポケッタブルベビーキャリアの畳み方

収納袋は本体と一体型になっているので、なくしてしまう心配もありません。

ほんのちょっとの工夫なんだけど、赤ちゃんがいると家の物があちこちに無くなるから、一体型なのはかなり嬉しい!

しっかり密着して疲れにくい

モンベルポケッタブルベビーキャリアはピッタリフィット

コンパクトにできるのがウリで性能はいまいちなのかな?と思われる方もいるかと思います。

コンパクトにできるうえに、性能もいいのがさすが、モンベル。
ぺらぺらの肩紐が食い込むかと思いきや、肩・腰の3点でしっかりささえ、赤ちゃんとの密着度も高いのであまり重さは感じません

構造はエルゴを似ていますが、密着度という点ではエルゴより高い ように感じます。

サイズの調整ができるのでパパと兼用しやすい

コンパクトに持ち歩ける抱っこひもはサイズ調整ができないものも多いですが、ポケッタブルベビーキャリーはバックル式で サイズ調整ができるので体格が家族との共有もしやすい です。

  • 肩ベルトの長さ
  • 腰ベルトの長さ
  • チェストベルトの長さ
  • チェストベルトの位置

を調整する事ができるので自分にピッタリのサイズにカスタムする事ができますよ。

バックルの所に脱落防止のゴムがある

腰ベルトはいたずら防止のゴムもついているので、バックルをはずされても赤ちゃんが落下しにくい仕様になっています。

個人的には肩紐の高さを調整できるのが嬉しいポイント。
だっことおんぶで肩紐の高さを変えることが出来るのでかなり楽 ですよ!

たけちん

抱っこの時は上にあった方が届きやすいけど、おんぶの時は上すぎると苦しいんだよね

メッシュなので蒸れにくい

モンベルの抱っこ紐は内側がメッシュになっている

モンベルの抱っこ紐はメッシュ構造なので、軽量なだけではなく蒸れにくい のもポイント!

たけちん

赤ちゃんと密着しているとどうしてもじめじめをしがちだからね…

モンベルの抱っこ紐はメッシュの日よけがついている

日よけカバーもメッシュのものがついていて、暑い日もバッチリ使える抱っこ紐といえるでしょう。

ちなみに、外側はウレタンコーティングをされているので、多少の汚れであれば、ふきとる事が出来ます。

ポケットが地味に便利

ポケッタブルベビーキャリアを半年使って、地味に便利だなと思ったのが、背中部分のポケット。

モンベルの抱っこ紐は背中部分にポケットがある

ケータイ・財布くらいなら入るサイズ感です。

ポケットには保冷剤も入れる事ができる

夏場は固まらない保冷剤をそのまま入れることが出来ます。

たけちん

抱っこ紐専用の保冷グッズを買う必要がないよ!

コスパがいい(1万円以下で買える)

モンベルの抱っこ紐はコスパの良さも魅力。

6490円(税込)で購入できる ので抱っこ紐としてはかなりお手頃価格です。

使用済みのものでもメルカリで4500円程度で売買されているので、利用期間が短くても購入する価値はあるかなと思います。

たけちん

これだけ性能の良い抱っこ紐なのに本当に破格!

モンベル「ポケッタブルベビーキャリア」のデメリットは2点

人によってはデメリットに感じるかもな…という点もあったので、正直にお伝えしておきます!

長時間の抱っこだと少し疲れる

先述したように、以外にも重さを感じることなく快適に利用できるポケッタブルベビーキャリア。

しかし長時間の利用となるとエルゴの方が優位に感じます。

写真を見て頂くとわかるように、エルゴは分厚いクッションが入っているので、長時間使用しても肩が痛くなりにくいですね。

たけちん

1時間程度であれば意外にもあまり差は感じません。

  • ショッピングモールを3-4時間歩き回る
  • 抱っこ期にはいってしまって一日中抱っこ

というシチュエーションではエルゴを使い分けています。

生後6ヶ月からしか使えない

もう一つは対象年齢ですね…

ポケッタブルベビーキャリアは腰が据わってからしか使えません。
生後間もなくから使えるものを探している場合は、おすすめできない です…

\ モンベルの抱っこ紐をおススメできる人 /

  • セカンド抱っこ紐を探している
  • 保育園の送迎後抱っこ紐を持ったまま出勤したい
  • もしものためにカバンに入れれる抱っこ紐が欲しい
  • 防災カバン用に予備の抱っこ紐が欲しい

口コミを調査!Amazon、ツイッターの評判は?

実際に購入した人がどう感じているのか、Amazonとツイッターの口コミもまとめてみました。

  • ポケット部分にでかめの保冷剤が入って便利
  • 肩紐が薄くてコートを羽織りやすい
  • 収納袋が一体型なのが便利!
  • 軽くてリュックに入れておけるのがうれしい
  • エルゴも持ってるけどモンベルばっかり使ってる
  • エルゴに比べると疲れやすい
  • フード・ポケットがある部分は汗をかきやすい

いい意見が多かったですが、「エルゴと比べると機能性が落ちる」「ポケット部分に汗をかきやすい」という意見もありました。

たけちん

ポケット部分の汗は保冷剤を入れておくとあまり気になりませんよ。

コンパクトなセカンド抱っこ紐を探してるなら、モンベルがおすすめ!

以上、モンベル『ポケッタブルベビーキャリア』のレビューでした。

生後6ヶ月からのセカンド抱っこ紐を探している人には全力でおすすめできますよ!

たけちん

正直言うと我が家ではメインで使ってます(笑)

エルゴと比較しても性能が劣らない素晴らしい抱っこ紐ですよ♪

  • 腰がすわるまでは使えない
  • 前向き抱っこはできない
  • 長時間2時間以上ならエルゴに劣る

そこだけ理解頂いた上で購入すれば満足いく抱っこ紐だと思います。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる