MENU
カテゴリー

【レビュー】ラジオフライヤーの3in1キャリーワゴンは、ベンチにもなるから便利!

子供ものせれるラジオフライヤー3in1

キャンプやレジャーなどアウトドア全般に使え、公園などで日常的に使えることもあって、人気のキャリーワゴン。

アウトドア派のファミリーであれば、一度は購入を検討するのではないでしょうか?

たけちん

わが家もとうとう子供乗車OKなワゴンを購入しました!

今回は ラジオフライヤー3in1イージーフォールドワゴン を徹底レビューします。

タップできるもくじ

ラジオフライヤー3in1キャリーワゴンの概要

ラジオフライヤー3-in-1イージーフォールドワゴン

ラジオフライヤーは、1917年創業で アメリカでは一家に一台ラジオフライヤーといわれるほどの老舗ブランドです。 

もともとは農作物を運ぶワゴンを作る会社で、その頑丈さを生かし子供用のワゴンを作ったところ爆発的な人気が出たんだそう。

3in1ワゴンは子供の安全を守るベルトや、サイドジップを下げるとベンチになることから子連れのお出かけにおすすめの商品です。

商品名ラジオフライヤー3in1イージーフォールドワゴン
対象年齢1歳6か月~
ベルトの形状1点式
耐荷重68kg
本体重量8.5kg
収納サイズW56×D33×H83㎝

3in1ワゴンは安全性が抜群で、子連れにピッタリ

ではさっそく、「3in1イージーフォールドワゴン」を実際に使ったレビューをお届けします。

  • 荷物の運搬
  • 子供を乗せれる
  • ベンチにもなる

名前の通り 3WAYで使えるワゴン です。

日本では取り扱いしている店舗がなく、触れる機会がないので、写真多めで紹介しますね。

たけちん

安全性、機能面、使い勝手をみてもおすすめのワゴン!

子供がのる前提でつくられた安心感

沢山あるアウトドアワゴンの中から、わが家がこのワゴンを選んだ理由は「子供がのる前提でつくられている」という事です

一般的なアウトドアワゴンって、荷物の運搬を目的に作られているので、子どもの安全性の確保はされていないんですよね。

アウトドアワゴンとラジオフライヤーの 大きな違いは底板とベルトの有無 です。

ラジオフライヤーの底板はしっかりしている

ラジオフライヤー3in1イージーフォールドワゴン底板
ラジオフライヤー3in1の裏面

ワゴンの底を見てもらうと、 まんべんなく骨組みがあるのがわかります。
骨組み1つ1つも太くてしっかりとしています。

可動部が少ないので子供が立ってピンポイントで体重がかかっても折れない安心感があります。

たけちん

アウトドアワゴンはコンパクトになる事が重要なので、骨組みはスカスカなんですよね…

それが悪いというわけではなく、やはり目的が違えば構造も変わってくるよねというお話で…

ラジオフライヤー3in1底板
ラジオフライヤーの底板とクッション

骨組みの上にはプラスチック製の板とクッション材が入っています。

体重が軽い子供が乗る分にはおしりが痛い!という事もなさそう。

ベルト付きで安全

ラジオフライヤー3in1イージーフォールドワゴン ベルト
ラジオフライヤーのベルト

実際子供をワゴンに載せてみると「ベルトは必須だな」と感じました。

たけちん

子供はベルトなしでじっとしてるなんて無理!

ベルトがあることで、多少動いても落下の心配がなくなる ので、安心して子供達を載せれます。

ラジオフライヤー3in1イージーフォールドワゴン 子供2人乗り
2人乗る場合は向かい合って座る

ベルトは 両側2か所ついている ので、向かい合って座る形になります。

ベンチにもなる

ラジオフライヤー3in1イージーフォールドワゴン ベンチにした状態

ワゴンの側面が片方をチャックで開くとベンチのような形になります。

人気の公園だとベンチ全然空いてないんですよね…
1時間くらいずっと立ちっぱなしで見守るのしんどいなーって思っていましたが、これで解決。

たけちん

公園での見守りタイムが優雅に過ごせる!

耐荷重は68kg なので、大人も座れます
妊娠中臨月の重い体で座ってもびくともしませんでした。

デイキャンプのレイアウト

キャンプの時もベンチ代わりに使っています。

アウトドアワゴンの多くは耐荷重100kgを超えますが、動かない物をのせる「静荷重」と動くものをのせる「動荷重」では全くわけが違うので注意です。

ラジオフライヤー3in1イージーフォールドワゴンチャック

子供が簡単にあけれないように チャックは隠せる仕様 です。

カバーが丸洗いできる

川遊びだったり、公園のお砂場だったり、アウトドアワゴンが必要なシチュエーションって汚れがつきものですよね…

3in1ワゴンはカバーが外せるので、丸洗いする事ができます。

ラジオフライヤー3in1イージーフォールドワゴン 底枠組み
カバーを外した状態

メーカー推奨は拭き取りですが、今まで3回ほど丸洗いしました。

たけちん

骨組みがあるから、優しく手洗いで

取っ手が握りやすい

ラジオフライヤー3in1イージーフォールドワゴン取っ手

子供達を載せると軽く30kg超えるので、取ってが握りやすいのはありがたいですね。

しっかり握れるので、手も疲れにくい です。

ラジオフライヤーのいまいちな所

購入から2年。
あまり不満はないのですが、使っていていまいちだなーと感じる点もいくつか。

悪路の運搬には向いていない

ラジオフライヤー3in1イージーフォールド は、子どもを乗せるのにはもってこいですが、悪路の運搬には向いていません

ラジオフライヤー3in1イージーフォールドワゴン タイヤ


細くてつるっとしたタイヤなので、でこぼこ道で重たい荷物を運ぶのは若干厳しそう です。

たけちん

子連れでいくキャンプ場は整備されたところが多いから気にならないけどね♪

子供も乗せたいけど悪路でも使いたい!という人はラジオフライヤーのオフロードカモワゴンがオススメ。

タイヤがオフロード仕様 のカモワゴン↓

収納はアウトドアワゴンに劣る

3in1ワゴンを折りたたむと、こんな感じ。

折りたたんだ状態は 他社のアウトドアワゴンより明らかに大きい です。

たけちん

子供を乗せる安全性と引き換えだからしかたないかなと思っています

ラジオフライヤー3in1イージーフォールドワゴン 車に乗せたサイズ

セレナの荷台につむとこんな感じ。ベビーカーよりはコンパクトですね。

我が家はキャンプにももっていっていますが、ファミリーカーなら問題なく積載できるとおもいますよ!

取っ手が倒れやすい

ラジオフライヤーの取っ手は使わない時は、磁石で止めておくことができます。

これが…まあまあ倒れます。
自分でベルトを縫い付けるなどのDIYをしてもいいかも…

タイヤのストッパーがない

タイヤのストッパーがないので、坂道に置くときは向きを考えないと、転がっていきます。

基本的に子供の乗せた状態で離れない事、キャンプは平坦なサイトを選ぶようにしているので、あまり支障はないですが、ストッパーがあればもっと安心なのにな…と感じます。

ラジオフライヤー3in1の口コミ

ラジオフライヤー3in1を実際に使っている人の口コミも調査してみました!

いい口コミ

机の変わりに使うのもいいですね!

イージーフォールドワゴンはキャノピー付きも売っています!
取り外しが簡単なのは嬉しいですよね♪

楽天の口コミ

3歳、0歳(10ヶ月)を乗せてもスペース広々。着替えやタオルなどは子供達乗せてても置けます。
何が良いって、子供2人乗せ6歳が引っ張っても軽く、スムーズに動くこと。
ベルトが付いているので0歳が立つ心配がなく安心して乗せられるところ。
折り畳みが簡単すぎるところ。
ベビーカーよりも簡単だからベビーカー代わりにしたいくらい…
もっと早く買えばよかった

楽天の口コミ

説明書は英語ですが、女性1人で簡単に組み立てできます。出来上がった早々に子供が乗り込み、自分の秘密基地ができたみたいで大喜びでした!乗り心地も良いようで、乗せて散歩に行ったら、すぐに寝てしまいました。小さい子供がいる人にはオススメです!キャップや川遊びなど、これから活躍しそうです。

3-in-1のレビューは高評価がおおい印象。
年子や双子育児だと、ベビーカーより使いやすいという声もありました。

たけちん

我が家もベビーカーよりもワゴンの方が使用頻度が高いです。

気になる口コミ

楽天の口コミ

しっかりしており安心感がありベンチにもなるため子供もとても喜んでいた
欲を言えばキャスターストッパーと囲いの高さがもう少し欲しいが満足出来る商品だった

楽天の口コミ

ベンチになることで、アウトドアでも子供たちの居場所が確保できて荷物も散乱せずに快適に過ごせましたし、折り畳みもとても楽にできるので、車の積み降ろしや保管にも便利でした。
ただ、ハンドルの磁石が弱い(100円ショップ磁石で補強)とブレーキのない点で☆-1ですが、それ以外には大満足です。

調べたところ、マイナスのレビューはかなり少なかったのですが、

  • 囲いの高さが低い
  • タイヤストッパーがない
  • ハンドルの磁石が弱い

というレビューがありました。

まとめ:ラジオフライヤーの3in1キャリーワゴンは子供を乗せても安心

ラジオフライヤーの3in1イージーフォールドワゴンは

  • 子どもを乗せた時の安全対策がばっちり
  • ベンチにもなるので公園タイムが優雅に過ごせる
  • 結果、子どもの大人も大喜び

な素晴らしいワゴンです!

子連れのキャンプや公園が2割増しくらいで楽しめるので、迷ってるなら導入しちゃいましょう。

日よけの為のキャノピー付きのタイプもあります!

日本には販売店がなく、詐欺ページもありますので、異様に安いサイトはご注意ください。
amazonや楽天で買うのが安心です。

ラジオフライヤー公式ページではカスタムワゴンも作れますので、英語に自信のある方はぜひチェックしてみてください。

▼子連れのキャンプ公園におすすめの記事▼
【レビュー】2秒で設営!?ケシュアの「2secondseasyfresh&black」がすごい!口コミも。

▼子供を乗せれるアウトドアワゴン比較記事▼

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


タップできるもくじ